江戸に生きる会の活動

江戸の伝統を残そう!大江戸両国伝統祭開催致しました!

 

こんにちわ!

江戸に生きる会です。

4月28日~4月29日に両国シティコア特設会場にて、大江戸両国伝統祭を開催致しました。

2日間ともに天候に恵まれ、たくさんの方がイベントにお越しいただきました。

また、例年と比べて、外国人旅行客のお客様も多く、海外へも少しですが日本の伝統を配信できたかなと思います。

大江戸両国伝統祭の開催!!

呼びこみ

祭りを盛り上げる為に、呼び込み中です。

三味線と粋な呼び込みで、江戸の雰囲気が漂ってきました。

 

司会

大江戸両国伝統祭が始まりました!

11時スタートですが、すでに客席は満員です。

かっぽれ

かっぽれ

かっぽれ2

かっぽれ

かっぽれです。

陽気な音楽に合わせて、華麗に踊ります。

かっぽれは伝統的な曲だけでなく、ロック調の曲で会場を盛り上げていきます。

 

手妻

手妻

手妻

江戸の伝統的なマジック手妻です。

手妻は来場者にただ見せるだけではなく、来場者の皆様に協力してもらいながら、芸が進行していきます。

笑いも混じりながら、お祭りを一層盛り上げます。

手妻

手妻

殺陣

殺陣では迫力のある演技を見ながら、江戸の侍の動きを知ることができます。

また見るだけではなく、殺陣のワークショップを舞台上で行い、多くの来場車の方に、殺陣について知ってもらいました。

今回はロシアからの留学生も参加し、いつもとは違うテイストの演舞となりました。

太神楽

太神楽では、家庭にある身近なものを使った芸が魅力です。

土瓶を落として割れるんじゃ無いかというドキドキ感と芸の合間の会話が面白さ、この2つが融合し観客の心を引き込みます。

またお正月でおなじみにの、傘回しも大好評でした。

和太鼓

 

迫力の和太鼓の芸です。

太鼓だけでも様々な叩き方のバリエーションがあり、圧巻の一言です。

今回は小さな男の子も参加しました。

大道芸

「さて!さて!さてさて!」でお馴染みの南京玉すだれ!

掛け声とともに様々なものに形を変えていく姿は圧巻です。

薩摩琵琶

薩摩琵琶の音色が会場にこだますと、どこか現代であることを忘れてしまうくらい、心地良さがあります。

現代の楽器とは違った音色を楽しんでもらいました。

その他

ここで紹介した内容はほんの一部で、相撲甚句や軽業など沢山の演目を上演させて頂きました。

 

関連記事一覧

  1. 風景
  2. 伝統風景
  3. 手妻2
PAGE TOP