江戸の伝統を守るため・・・

江戸の伝統を守り、発展させて行くためには、伝統芸能に見る、触れる、感じる機会が必要です。

その昔、両国付近では芝居小屋という、芸を披露する場所や機会が多く用意されていました。

しかし、現代は伝統芸能を披露する場所や機会は減少傾向にあります。

一般社団法人 江戸に生きる会では、江戸の伝統芸能を広めるため、様々な活動をしています。

大江戸両国・伝統祭プロジェクト

風景

大江戸両国・伝統祭プロジェクトは、年に2回、春と秋に両国シティーコアセンタープラザの特設会場で開催されるイベントです。

特設ステージで伝統芸を無料で公開しています。

詳細はこちら

伝統教室

伝統教室では、生徒・学生向けに江戸伝統芸能を体験し感じてもらうためのワークショップを開催しています。

修学旅行や課外事業の一環として、ご利用ください。

詳細はこちら

PAGE TOP